住宅ローンの仮審査の特徴

住宅ローンは店頭やインターネットで仮審査ができます

注文住宅などの一戸建ては、2500万円から、4千万円前後と高額になっているため、ほとんどの人は住宅ローンを組んで購入しています。銀行や信用金庫、JAなどで住宅ローンの申し込みができるので、店頭やインターネットのWEB上から審査を受けて下さい。まずは金融機関が仮審査をするので、運転免許証やパスポートなどの身分証明書や、納税証明書、給与明細書などの収入証明書、印鑑などを用意しておく必要があります。金融機関によって多少の違いがありますが、3日から一週間ぐらいで結果がわかります。仮審査にパスしたら、本審査を受ける必要があります。住宅ローンの審査を受ける前はカードローンや、キャッシングの債務を完済してから申し込むのがお勧めです。

住宅ローンは審査基準が厳しいです

注文住宅や建売りの一戸建てを購入する時は、25年から35年の長い融資を受ける必要があるので、キャッシングやカードローンに比べると審査基準が厳しいのが特徴です。安定して継続した収入のある会社員や公務員は、金融機関の信頼が厚いので仮審査に通りやすい傾向があります。マイカーローンなどの他の債務がある人は、審査に影響が出る可能性があるので、支払いに遅延や延滞などがないか確認をしておくことが大事です。銀行や信用金庫などの金融機関では、団体信用生命保険に加入をする必要があるので、健康状態も審査の対象になります。仮審査にパスしたら、本審査を受ける必要があります。一定の審査基準を満たしている人は、問題なく利用できます。

© Copyright Appropriate Mortgage. All Rights Reserved.