変動金利の住宅ローンのメリット

変動金利のメリットはこれ!

変動金利とは、世の中の金利変動に応じて借入金の金利が決まる金利のことをいいます。通常は銀行などの金融機関が優良企業に対して貸し出す短期プライムレートの金利に連動していることが多く、それによって年2回金利が見直されることが一般的です。変動金利は固定金利と並んでメジャーな金利タイプとなっています。
変動金利のメリットは固定金利に比べて金利が低めに設定されていることです。したがって金利の変動が起こらなければ固定金利よりも低い金利で返済していくことができます。また今後の市場金利がさらに下がった場合、変動金利も連動して下がるので、今より少ない負担で返済することができるでしょう。このように変動金利は市場金利が下がれば下がるほどメリットがあるのです。

5年ルールと125%ルール

変動金利は5年ルールと125%ルールという二つのルールに守られている金利です。5年ルールとは、借入当初の5年間は金利が変動しても支払金額は変わらないというルールで、突然金利が変わっても借入してから5年以内であれば返済額は変わりません。したがって変動金利では5年後から上がった金利の分を返済額に充てていくことになります。
125%ルールとは、当初5年間で金利が上がったとしても、支払額改正後の毎月の支払額が前回の支払額の125%以上になってはいけないルールです。
この二つのルールに守られていることによって、市場金利が突然上がっても返済額が急激に上がることがなく安心して住宅ローンの返済を行うことができます。

© Copyright Appropriate Mortgage. All Rights Reserved.