住宅ローンで重要な頭金

住宅ローンの頭金は本当に必要なのか?

住宅ローンを利用する場合には、頭金があるほうが有利と言われます。少し前までは、住宅ローンをする場合は対象物件の価格の2割程度の頭金がないと審査に通らなかったため、事実上必要でした。しかし、近年では住宅ローンにいろいろなタイプが出てきて、頭金不要で借入が可能なこともあります。
住宅ローンの頭金はあったほうが有利そうに感じますが、具体的にどんな利点があるか見当しにくいものです。簡単に言うと、頭金を用意したことで、借入金が減るため、借入金に対してかかる利息も少なくなり、毎月の返済額や全返済額を抑えられます。また、金融機関での手数料も、定率制の場合には、借入額の少ないほうが費用を抑えられます。さらに住宅ローン金利が、借入額の一定以上の頭金がある場合に住宅ローン金利が優遇されます。

住宅ローンにおける頭金のメリット!

住宅ローンの頭金を用意するメリットとして、返済額を減らすこと、手数料等諸費用を節約すること、そして住宅ローン金利を引き下げることといったいろいろなメリットがあります。また、このようなメリットを応用すると、借入可能額を増やして購入する物件をより良いものにしたり、住宅ローンの返済期間を短縮したりできます。 そんな住宅ローンの頭金は、借入額の2割程度が目安となっていますが、頭金を用意することで、どのような利点を期待するのかをはっきりさせた上で、目的に沿った額を用意することが大切です。 住宅ローンでの頭金はゼロよりも用意したほうが有利になるケースが多いですが、頭金が万能ではないことを知っておく必要があります。具体的には、持ち金を全て頭金に使ってしまうことによって、生活費が足りなってしまう可能性があげられます。

© Copyright Appropriate Mortgage. All Rights Reserved.